TOP

梵路
梵路

梵路のゆるゆるブログ

短い文から長い文まで気ままにポストしています。
詳細はaboutをご確認ください。

  • 雨の副官

     閣下から呼び出し。一体なんの御用であるのか。中庭にある桜の前まで行けば閣下は物寂しげに満開に咲いた桜を見上げていた。
    「ようやく来たね、ミサキ」
     拙者(私)は跪き、頭を下げる。
    「はっ、閣下……どのようなご用件で」
     閣下は拙者の前へと近づき、何か紙を差し出した。
    「君の今後にはとても期待しているんだ。あの子を……どうか宜しく頼むよ」
     頭を上げ、紙面に書かれた辞令を読む。それを──快く受け取った。

     まさか拙者が副官とは。
     段ボールに詰めた私物を抱え、水の部署へ配属が決まったあの日以来入っていない【あの部屋】へと入る。部屋は来賓を迎え入れても問題がないような装飾に、「水の柱」と呼ばれる者の席と今日から拙者が座る席があった。

     水の柱が一体誰なのかはここの部署の皆は知らない。

     法に準じて統治するために拙者たちがいるけれども、水の部署の人は日中は衣類で素顔を隠すことが多い。隠す方が都合がいいからだ。
     水の柱からの指令は全て書物によって伝えられる。それを参事官が読み上げる。普段、現場に顔を出さないような気がするが、指令の内容があまりにも現場のことをよく把握できているように見えるし、それが最善の解決策と感じていた。
     副官になれたということは、つまり──

     荷物をある程度片付いたところで、背後から殺意を感じ取り反射的に振り返った。そこには金髪で、茶色の目をした少年がいた。
    「だ、誰?」
     口から出てきた拙者の声が少し震えていた。それだけ体は恐怖を覚えた。
     その少年の目はとても冷めていた。
    「……レイン」
     それだけ言い、少年は柱の席へ向かい、音もなく座る。几帳面に積み上げられた書類を手にしてテキパキと処理を進め始めた。
     まさか、この子が【水の柱】? まだ学生くらいの年齢……よね?
     南の窓から差し込む朝の日差しで少年の素顔が映る。とても綺麗な顔立ちながら機械のような冷たさを放っていた。
     少年は口を開く。
    「ミサキ、今日から僕の記す指令を皆に周知いただきたい」
    「拙者が……ですか?」
    「前の参事官は訳あって休暇を与えた、また、今後の僕の活動を考慮し副官が必要となった」
    「は、はぁ……」

     その日から水の柱──レインとの仕事関連での良い付き合いが始まった。
     ただの文士として活動を進めていた時よりも何かと充実していたと思う。仕事の幅もかなり広がり、一年以上経過した頃には言葉を交わさなくとも柱の意図を汲み取ることもできるようになった。【副官】としての実績も良いのか給与にしっかりと反映された。生活レベルも上がっていく。あのクソ夫と暮らしていたよりも充実している。

     本当に、本当に、よかった。

     あの日が来るまでは。

     柱は長期の任務に就くことになった。任務の詳細は教えてくれず、拙者はその日の朝に柱を見送っただけだった。
    柱はその日、戻ってこなかった。翌日も、その次の日も、気がつけば一ヶ月経過した。柱の机の上の書類はどんどん山積みになっていく。
    「ミサキ、いるよね?」
     執務室に入る閣下。あの桜の日よりも悲しそうな表情を浮かべている。
    「柱は戻ってこないと思う。申し訳ないが、水の柱の書類を【柱の代行】として処理と、部署の指示をミサキにお願いしたい」
    その言葉を受け入れつつ、拙者は尋ねる。
    「柱は……一体どこへ」
     閣下はため息をつきながら答える。
    「生きている。でもいつ戻れるかはわからない」
     それだけを伝え、閣下は部屋を後にした。
     何故か目元から一筋の涙が流れた。安堵感なのか、それともいつまた再会できるのかわからない不安なのか。知らぬ間にそれだけ【水の柱──レイン】への存在が大きくなっていた。
     これは恋愛感情とかでは無い。庇護欲に近い感情。
     政府に戻れない間に、彼が少しでも【人らしく】なってほしい。そう願いながら……。

  • シマキくん🍃

    ,

    だんだん資料を見なくても描けるようになってきた気がする←

    主人公よりも描いてない? みんな大好きなシマちゃんだもんな???

    タイムラプスもどうぞ。
    右向きの絵だけど、デジタルで線画を引くときは左向きにして描いた方が早く終わるのでそれでやってます。効率重視なのよ。

    あと、作業ツールだけど、iPadでただの落書きだったらアイビスペイントが圧倒的に描きやすい。

    クリスタも使えるけれど、動作がやっぱりもっさり感が否めないのよね。でも大きい絵はクリスタが良いと思う。

    逆にアイビスは描きやすいけれども大きい絵は厳しい。

    プロクリエイトはアップルペンと相性がいい感じだが、レイヤー数が少ない。

    メディバンはかなり前に使用したことがあるけれど、今の使用感はちょっとわからないかな。

    パソコンで絵を描くのがだんだん遠のいてる! この前、久々にパソコンで作業しましたが、大きな絵で品質を求めるならパソコンで作業するのが一番だと思いました。少しずつ大きな絵も描きたいって気持ちになり始めているので図案が上がったら描き始めようと思います。

  • Xの運用について

    タイトル通り、個人的な今後の投稿(ポスト)についてです。

    画像のまわりのお話ですが、合同創作も含めて一次創作の絵作品は創作サイト「稲穂の街」、またはここの「そよログ。」へ投稿していきたいと思います。

    理由としまして、自身がポストする画像に対して、Xがもつ権利面で個人的に納得ができない方向へ進んでいるからです。

    手間と時間をかけて制作した作品たちだからこそ思い入れが強く、不安材料が一つでもあれば載せない方が後々の自分のためだと思ったからという感じ。

    ただ、創作関係のイベントに今後でる……ということになると広報力というのがどうしても求められるもので。その時はその時でまた考えようと思います。

    今は展示会も含めて参加の予定が御座いませんので、急ぐ必要もありませんし、それよりも今ある環境を充実させていこうという考えです。

    絵も増やしたい。小説も頑張りたい。仕事も成果を上げたい…

    上にあげたものだけで時間は埋まっちゃうのでね。今できるものを相方と共に頑張っていきたいと思います。

    あと、Xのアカウントについて。

    @suitsoyo_999が現状一番ポストしておりまして。ここをメインにゆっくりと呟こうと。@art_soyogimichiはそのままにしますが、上記の理由で殆ど動かすことがなくなりそうです。すみません。

  • 相方の……

    お誕生日なのよ🥰

    ということで、沢村悠さん、お誕生日おめでとうございます🎉🎁✨

    仕事の合間に描いたハルくん🌸をどうぞ……!

    別途、形になっているプレゼントがあったり。

    次に会った時のお楽しみでよろしく……🤤

  • 仕事やばいよ〜〜〜

    読んで字の如く。

    この職へ転職してそろそろ一年半。
    お上の司令で異動となる。

    仕事内容としては自分が望んでいた方向なので、何にも考えていなければ大喜びというところだが、今は……正直に時期が超悪すぎるやつで困惑している。

    異動しないといけない理由は理解できるし、異動先の様子を考えると今すぐ着手しないと後々辛くなるのが目に見えていたり……。
    状況がなんというか、デジャヴなのよ。前職でもこういうことあったぞ。
    大丈夫なのか自分? 大真面目に6月まで無事か??←

    まぁ、何をしても混乱するのは目に見えているし。プラス思考に考えれば一生のうちで経験できるか否かというくらいの大きなプロジェクトなので、辛くても粛々と行動していこうと思います。

    まずは2月の給与頑張らないと(白目)

    以下、創作のお話。

    ちょっと絵の作業の進みが良い感じででして、ウン年ぶりに入稿作業を必要とすることをやっていました。
    到着して、絵と合わせてこちらでご紹介ができるのが3月上旬かもです。

    今回は初めてタブレット(iPad)で原稿を作成して入稿まで進めました。
    外注するものの原稿がどうしてもパスを引く必要があるものでしたので、100%の工程がタブレットでというところまではいきませんが、それでも殆どタブレットで作業を進めることができ、PCが無くてもデジタル原稿が作成できる時代に今更ながら感動しちゃったり。年寄りみたいな感想🤣

    しかもね。完成イメージしか頭になくて、印刷所をあちこち調べながら原稿を作っていたのもあって、「(印刷だから)350dpiで原稿作れば良いかなー」って思って進めていたんです。

    そしたら、ある程度塗りが進んだ後に入稿先が決まりまして、いざテンプレートをダウンロードをしてファイルを開いたら、そのテンプレートが450dpiだったんですよ……3秒間思考が停止。

    終わった。

    ……そう思ったんですが、幸いにも絵自体のキャンバスサイズが大きめで作成をしていたのでナントカいい感じに纏まりました。大は小をかねるぜ!

    まぁ、そんなわけでめちゃめちゃ解像度がいい物ができそうです😄

    今回の入稿もあって、(若干使い方を忘れていた←)フォトショの使い方とかもおさらいできて良かったな……。
    創作活動お休み期間がちょっと長かったのもあって、色々作りたいものありますので。お財布と相談しつつ印刷所へ外注できたらいいなーって思います。